MENU

胃炎への効果で話題のマヌカハニーとは

マヌカとは、ニュージーランドおよびオーストラリア南東部に自生する植物で、梅の花に似た小さな花をつけます。
現地では薬草として古くから利用されてきました。
このマヌカから採取されるはちみつが、マヌカハニーです。
商品として流通しているマヌカハニーは、ほぼニュージーランド産のものになります。
他のはちみつにくらべ、粘度がたかく濃い色をしていて、特有の味と香りを持ちます。
クセがあるので好みの分かれる味です。
現地では民間療法として、薬として食用されるほか、ケガややけどの手当にも使われてきました。
一般的なはちみつには抗菌作用がありますが、マヌカハニーもまた強い抗菌作用を持ちます。
メチルグリオキサルという成分がマヌカハニーの主な抗菌成分です。
この成分は、今問題となっているMRSA(抗生物質に耐性を持つ黄色ブドウ球菌)に対する抗菌物質としても期待されています。
また、ピロリ菌の駆除力を持つとされています。
そのため特に、半数がピロリ菌に感染しているとされる日本では、胃潰瘍・胃炎などへの効果を期待して摂取する人が多いです。
その他にも、整腸作用や免疫力アップ、スキンケアなどにも使われます。
このように高い効果が期待されるマヌカハニーは珍重され、そのため、偽装されたものや不純物の多い低品質のものも出回るようになりました。
そこで、マヌカハニーの品質を示すために、UMF、NPA、MGS、MGO、TAなどの表示がされるようになりました。
これらは主に抗菌作用の強さをあらわし、主に数字が大きいほど作用が強いことを示しています。

マヌカハニーを選ぶときは、ラベルにこれらの表示があるものを選ぶと良いでしょう。
同じ数値でもマークにより表すところは違うので、その点は注意しないといけません。